様々なソーシャルサイトの情報をまとめ配信します。

置き方が大事。食材の寿命をのばす主婦のテク

野菜や果物を保管する際のポイントは「ヘタ」。

みかんを長持ちさせるテクがある…?

たいてい、ヘタを上にして積んでいませんか。実はそんな置き方が、みかんにとっては大変なストレスになるといいます。

みかんのヘタを下にして置くようにしましょう。ヘタの部分は他の部分よりも皮が固く、みかんが自重で潰れる心配がありません。

賢い主婦はヘタを下にして、逆立ちさせてた!

硬い果皮の方で、ストレスを受け止めてやるようにすればいいのです。

みかんほっくり完了。ヘタを下に向けヘタで皮を傷つけないようにするといいと聞きやってみた。美しい。 pic.twitter.com/VCEHNZMdE9

見た目もキレイw

トマトは色で置き方を見分ける!

青いトマトはヘタを上にして常温保存をします。また、赤くなったトマトは重ならないように袋に入れ、ヘタを下にして冷蔵庫へ。

青いトマトはヘタを上↑

赤いトマトはヘタを下↓

ヘタを下にすることが熟成のスピードが穏やかになるそうです。

へぇー!

きゅうりは「上向き」がベスト

きゅうりの賞味期限は野菜室で2~3日です。袋に入れて立てて保存しましょう。このときヘタを上にして保存しましょうね。

こんな感じで、袋に入れてヘタを上にして保存する。

しいたけもコレでおいしさ長持ち

「しいたけ」はよく乾燥させてから、カサの裏側を上にして保存すると鮮度が保たれるそう。

画像右みたいにするだけで長持ちするとは( ・`д・´)

ヒダのある白いほうを上にしておかないと黒ずんでしまいます。

お店で売られている「しいたけ」は、軸が上になって並んでいますが、これはしいたけを長持ちさせるためです。

保管迷ったら、主婦はココに注目!

長持ちする保管方法は、挙げたらキリがないんで…八百屋やスーパーの野菜売り場での陳列方法に注目します。

冷蔵庫に入れた方がいいのか入れない方がいいのか迷ったら、スーパーで売られている状態を思い出してください。

冷気の当たる陳列棚に並べられている野菜は冷蔵庫に。常温で売られている野菜は常温で保存するようにするといいでしょう。

ズボラーだからこそ実践したい保管術。よく使う食材だけでも保管方法をしっかり覚えておくといいでしょう。

Sorry, comments are closed for this post.