様々なソーシャルサイトの情報をまとめ配信します。

Apple社が密かにやってることがスゴすぎる…!

いやもう何考えてんのかわかなんないっす…。

いま、自動車作ろうとしてる。

え…?

Appleが秘密裏に行っている新規事業の中でも最も注目を浴びつつあるのが、自動車業界への参入。

開発中の自動車のリリースが2019年になることを社内に向けて発表。プロジェクトの規模を拡大するために人員を3倍まで拡大。

結構ガチで作ってた…

Bluetooth機能を通してiPhoneで車を解錠しエンジンをかけることを可能にする特許を取得

キーを回すこともなくなる…?

他には、電気自動車にタブレットを取り付けて操作することを可能にする特許も最近取得。

事業内容は音声認識機能と自然言語処理システムの開発。また、GMと提携して車載システムのアプリケーションを開発。

買収後、Appleは車載システムの「CarPlay」を発表。

実はApple、いろんな企業を買収してる。

ヘッドフォンメーカーでストリーミング音楽サービス会社のビーツ・エレクトロニクスを30億ドルで買収。

ビーツ買収を通じインターネットベースのストリーミング分野で足場を固める。

次世代iPhoneの開発に貢献?

iPhone 7は、上級オプションでBeatsブランドのノイズキャンセリング機能つきイヤホンがラインナップに加わるとみられています。


Photo by Sam Edwards / OJO Images

さっきも出た「ボーカルIQ」

「Siriは、ウチのシステムと比べればおもちゃ並のシロモノ」と自社ブログで酷評。その半年後にアップルはVocalIQを買収。

金で黙らせた…ってわけでもないみたい。

VocalIQの技術の特徴は、単なる自然言語処理システムだけでなく、ディープラーニングによる優れた自律学習の機能を持っていること。

技術は素晴らしいらしい。

「Siri」がもっと進化するかも…!

すでにSiriにも音声認識に対応したディープラーニング機能は搭載されていたが、より実用的でスマートなSiriが開発される。

Spotsetterは、SNSからデータを取り出して分析し、付近のレストランなどのオススメスポットについて情報を提供するアプリ。

Appleの純正マップがもっと便利に?

地図にコンテキストが加わると、いっそう便利で面白いものになる。

場所確認や道案内だけでなく、検索ツールの1つとしても利用できるようになるはず。

フィクションみたいなことも始めてた…。

人間の顔の表情を分析して感情を検出する人工知能技術を開発中の「Emotient」を買収。

Emotient社の技術は、「注意」「反応」「喜怒哀楽」という3つの要素を読み取ることができる。

広告を見た顧客が「どこでどのように感じているか」などの関心や行動を知ることができるとのこと。


Photo by Martin Barraud / OJO Images

医療事業者がうつ病などを検出する際にも役立つ。この技術でスクリーニングを行えば、術後の患者が回復しているかを測定できる。

医者が患者の痛みを把握するための医療アプリを開発できる可能性もある。

Appleの進化はまだまだ続きそう…。

Sorry, comments are closed for this post.