様々なソーシャルサイトの情報をまとめ配信します。

5歳でマッチ売りを始めたIKEA創始者 カンプラードの商才がすごかった

日本でもおなじみのスウェーデンの世界的家具店 IKEA。創始者のカンプラードはなんと5歳にしてマッチ売りをはじめビジネスの虜になったそうです。

日本でもおなじみのスウェーデンのIKEA

2005年度のイケアの総売上高は148億ユーロで、これはアディダスやポルシェの二倍以上だ

創始者はどんな人なの?

資産3兆以上と言われる世界有数の大富豪

89歳ながら威光は衰えない資産420億ドルの世界有数の大富豪であるカンプラード氏

2007年、億万長者ランキング世界7位、3兆円超の資産家である

なんと、5歳でマッチ売りを始めてビジネスの才覚を発揮


Photo by Ablestock.com / AbleStock.com

幼少期よりビジネスの才を発揮し、自転車でマッチを近所に売り歩いた

カンプラードはわずか5歳で近所や同級生相手に商売を始めます

「マッチのように金額の小さな商品でも、たくさん売れば、利益を得られる」という実体験を通じて、薄利多売の仕組みを体得

マッチから魚、花の種、クリスマスツリー用のデコレーションへと拡げていきます

17歳で会社を創設


Photo by plustwentyseven / Digital Vision

17歳の時、勉強でいい成績を取った彼に父親は褒美にお金を与えます

フランスから輸入した万年筆や腕時計などを通信販売する事業を立ち上げました

次第に興味は家具に向かっていく

この若き起業家はやがて家具に興味を持つようになります

出典IKEA(イケア)創業者の成功談!イングヴァル・カンプラード氏ってどんな人? | お金の学校

家具を販売しようという判断は、もともと、競合している会社と対等に渡り合おうとした結果生まれたものだった

1947年に、地元の家具店と契約して格安販売を開始すると、これが大当たりし、1951年以降は完全に家具販売に集中する

「家具」と「飲食」という発想もこの時から生まれていた


Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

25才の時、1953年、1Fを展示場とし、2Fに無料のコーヒーとパンを用意した

「お腹がすいたままでは、いい買い物はできませんからね」と彼は言う

1本5クローネ(日本では100円)のホットドッグもイケアの名物だ

IKEA にはオリジナルのレストランが入っており、ミートボールが定番です

大富豪となった今でも節約家として知られる

億万長者になった今も旅行するときはエコノミークラスに乗ると言われています

カンプラードさん、普段は節約のために公共バスに乗るのだそうですが、その理由は、“お年寄り割引券が使えるから”だそうな

自分自身も近所のスーパーでは値切るし、飛行機もエコノミークラス、服装もカジュアルでありつづける

IKEAの生まれた小さな村 エルムフルトに今でもIKEAが息づいている

エルムフルト(Älmhult)という人口1万5000人ほどの小さな村があります

最初のショールームをエルムフルトにオープンし、以来50年間、エルムフルトはIKEAグループの中心地です

エルムフルトには、イケアの第一号店が建てられ、未だに大企業としてここに存在している

現在もイケアの重要な拠点が集まっている、通称“イケアタウン”です

Sorry, comments are closed for this post.