タモリじゃない…「世にも〜」の前身『奇妙な出来事』伝説

25周年スペシャルが話題な『世にも奇妙な物語』だが、その前身番組でフジテレビの深夜枠で放送されていた『奇妙な出来事』とは一体?

◆25周年スペシャル『世にも奇妙な物語』

11月21日(土)、28日(土)午後9時〜

「世にも奇妙な物語」は、1990年4月に放送が開始された日本初のオムニバスドラマ。

1990年にスタートしたフジテレビ系ドラマ『世にも奇妙な物語』が放送25周年を記念し、11月21日と28日に2週連続で放送される

21日は視聴者の人気投票上位30作品から演出家が5話を選び、新たな出演者でリメイクする「傑作復活編」、28日は日本を代表する映画監督とキャストによる「映画監督編」

世にも奇妙な物語リメイク楽しみだな〜

そして世にも奇妙めっちゃ楽しみです…待ちきれない

そんな中、はこんな声も

このドラマより先に「奇妙な出来事」っていう深夜のドラマがあって不気味で面白かった印象深かったよね、。調べてみたらタモリのやつの前身だった→「世にも奇妙な物語」過去作品5つを視聴者人気投票で厳選放送 sanspo.com/geino/news/201…

ふつうにおもしろいのもあったけど。「冗談画報」とか「やっぱり猫が好き」とか。「世にも奇妙な物語」より「奇妙な出来事」の方が好きだったなー。

◆『奇妙な出来事』?!

1989年10月、深夜ドラマとして日常に潜む恐怖をテーマに製作された。

若者の間で人気となり、一躍、フジテレビ深夜番組黄金期を代表する番組となった

フジの深夜ドラマ最大の出世作と言えば奇妙な出来事

「世にも奇妙な物語」が「奇妙な出来事」ってタイトルの深夜番組だった頃のフジTVの深夜帯も素敵だったね。

世にも奇妙な物語 よりも、深夜時代の 奇妙な出来事 のグレード。 #tvasahi

◆26年前の深夜枠で放送されていた『奇妙な出来事』とは?

◆ストーリーテラーは「タモリ」ではなく「斉木しげる」

1949年11月18日生まれ、静岡県浜松市出身
1979年コントグループ「シティボーイズ」を結成

「世にも奇妙な物語」の前身の「奇妙な出来事」もよく見てたな。ストーリーテラーはタモさんではなく斉木しげるさんだった

世にも奇妙な物語には前身の深夜番組があって、進行役が斉木しげるでタモリより不気味で怖かった。のを知ってるのはオッサンの証拠。

タモリの出演が決まったのは、「当時のマネジャーさんがたまたま深夜の『奇妙な出来事』のファンだった」(石原さん)ことが理由の一つ

世にも奇妙な物語の斉木しげる派とタモリ派の血で血を洗う争いの歴史について・・・(ゴクリ)

昔『奇妙な出来事』っていう『世にも奇妙な物語』の前身番組があったんだけど、遂に深夜からゴールデンに進出!となって楽しみに見てみたら、ストーリーテラーが斉木しげるからタモリに変わってたことを思い出した。「あぁ、そうか…そういうことか…」って大人の世界を垣間見た出来事でした

◆『奇妙な出来事』の人気作

<待合室>


Photo by Thinkstock Images / Stockbyte

※イメージ

奇妙な出来事は、たまたま見られた『待合室』が未だに印象に残ってる。地震で地下に閉じ込められた人々が、一人、また一人と消えていく話。

今夜「世にも奇妙な物語」があるのか。前身の「奇妙な出来事」の”待合室”っていうエピがなぜか印象に残ってる。水沢蛍が看護婦さん役で、地階にある喫茶店で地震に遭遇して…というストーリー。切ないお話し…

奇妙な出来事、大地震が起き、出口が塞がれた地下の喫茶店で1人ずつ消えてゆく”待合室”は泣ける傑作!これ、脚本は君塚良一、監督は落合正幸と、後のビッグネーム。古いからレンタルもないだろうなぁ。

<笑いの天才>

「奇妙な出来事」という、「世にも奇妙な物語」の前身番組に「笑いの天才」という回がある。ある売れない芸人が神に祈ったところ、喋っただけで聴くもの全てが爆笑するようになり、最後は恋人を笑い字にさせてしまうという話なのだが、実はモンティパイソンにはこれと似た設定のスケッチがある。

私の中の第三舞台は「IQエンジン」と「奇妙な出来事」なのですが、今いろいろと思い出して「奇妙な出来事」の「笑いの天才」が見たくて仕方がない・・・筧ちゃんの放心した虚しい顔、京ちゃんの見事な笑い死に。もう一回見たいなぁ。録画したテープはカビ生えちゃったよ。

のちに『世にも奇妙な物語』でもリメイクされた

『笑いの天才』は元々、奇妙な出来事版にて男性芸人のお話だったのが、世にものリメイクで女性芸人に性別変更になってたわけだけど、あの性別変更は流石にちょっとなーと。
今以上に男性芸人と女性芸人のポジションの違いが大きかった時代なんで、性別変更しただけじゃ成り立たないっすよ。

※「奇妙な出来事」1990/2/26 17話 /筧 利夫出演→リメイク:「世にも〜」1992/4/9 春の特別編 /菊池桃子出演

ちなみに、筧利夫は『世にも奇妙な物語』の第一回にも出演している

第一回の世に奇妙な物語、かっちゃんと筧利夫でてんじゃん。野村宏伸主演ってのが笑える。

第一回「楊貴妃の双六」で、[逮捕される]と言うマスに止まった男を演じた。

◆オープニングで男のシルエットが映るが、正体が謎→のちに判明

20年来の疑問です。深夜やってた「奇妙な出来事」のオープニングは、男の人が振り返るシーンで始まっていたと思うのですが、実際シルエットだけで、それがどなたかは不確かなのですが、大高さんに良く似ていたと記憶しています。真相は?@gibson_703


Photo by Visage / Stockbyte

生年月日1959年6月27日
血液型AB型
出身新潟県長岡市
最終学歴早稲田大学社会科学部

私です!RT @k393: 20年来の疑問です。深夜やってた「奇妙な出来事」のオープニングは、男の人が振り返るシーンで始まっていたと思うのですが、実際シルエットだけで、それがどなたかは不確かなのですが、大高さんに良く似ていたと記憶しています。真相は?@gibson_703

◆現在、VHSのみ…DVD化、再放送を切望する声も

今月の推薦 #フジテレビ は【奇妙な出来事】

#世にも奇妙な物語 の前身となった番組。深夜放送でホラーブームを巻き起こす。
今ではただのショートドラマの詰め合わせ。

#黒の酒場 #ブラックバー pic.twitter.com/TEFFkxkiBI

「奇妙な出来事」はあのチープな感じのOP演出と提供のレイノルズタバコのインパクトと本編は「危険な賭」しか見たことないから是非DVD化してほしいな >RT

「奇妙な出来事」はDVD化されないのかな。結構いい話が多いのに。ルージュに麻薬が入ってるという「リップスティック奇談」は、子供心に怖かったわー。

「世にも奇妙な物語」でなくて「奇妙な出来事」(ストーリーテラー:斉木しげる)の再放送見たい。

世にも奇妙な物語よりも前身番組の奇妙な出来事の方が好きだったなあ。斉木さんがストーリーテラーのヤツ。
あの頃のフジの深夜番組は外れなしだったよなあ。

世にも〜もいいけど、奇妙な出来事をまた観たいなあ。待合室が好きでした。

この動画の詳細はこちら

あわせて読みたい