様々なソーシャルサイトの情報をまとめ配信します。

【ワーキングホリデー】 国別の楽しみ方・必要な物と費用・ワーキングホリデー情報サイトまとめ

ワーキングホリデーで必要な費用は?どのように手配すればよい?どこの国へ行く?何を持っていけばよい?ワーキングホリデーに行くための情報をまとめています。

○ワーキングホリデーについて

ワーキングホリデーとは

二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度のことです。

つまり、若いうちに異国文化に触れやすくするための制度です。

その中で働く事を視野に入れてさらに行きやすくしています。

行った国で旅行しながら働いたり、留学しながら働くなどワーキングホリデーのスタイルは様々です。

Wikipedia参照

○【日本とワーキングホリデーを結んでいる国】

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港、ノルウェー

○ワーキングホリデーに最低限必要なもの

【パスポート】取得には戸籍謄本や印鑑などが必要となる。
外務省のページを参照ください。

【ビザの申請】ワーキングホリデーのビザの申請は大使館宛てに送ることになる。ただしその場合、残高証明書(自分の預金がいくらあるかの証明)を送ったりなど、国によって様々である。要調査。

【資金】向かう国によって異なるが、基本的に50万〜100万は必要。さらに、現地ではクレジットカードの方が安全な場合もあるので、準備が必要。

【海外保険への加入】海外で火災や盗難、障害などが発生した時に使用できる海外保険に加入しなければならない。こちらも種類が多々あるので要調査。

【航空券】格安での航空券を探す。今では片道1万円台などの航空券も。

○国別のワーキングホリデーの楽しみ方

オーストラリア


Photo by John Foxx / Stockbyte

農業中心の国なので料理が美味しいです。
また、治安が良いです。さらに、日本人観光客を相手にしたビジネスが多いので、日本語を習得しているだけで比較的に仕事が探しやすくなっています。

また、世界130都市を対象にした住みやすい都市ランキングでも上位6位以内にオーストラリアの都市がランクインしています。
ゆっくり仕事をしながら美味しいご飯を食べ、語学を学ぶライフスタイルはオーストラリアが一番かも。

無料でワーホリの手配をしてくれます。面倒な手間も省けて一石二鳥です。

カナダ


Photo by Thomas Northcut / Digital Vision

英語とフランス語を学ぶにはぴったりのカナダ!
カナダ英語は比較的綺麗な発音です。

カナダ留学のメリットは、カナダ政府の外貨獲得政策の一環としての留学生の優遇ポリシーがあります。

また、カナダは、アメリカやイギリスに比べると物価が低く、治安も良いです!

国連は、これまで何度もカナダが世界で最も住みやすい3カ国のうちの一国としてランクづけてきました。
国連による「住みやすさ」とは、主に教育の受けやすさ、平均寿命の長さと犯罪率の低さの3つで評価されます。

韓国


Photo by Kevin Forest / Photodisc


料理が美味しい!買い物が楽しい!
仕事は日本語学校などで働くのが人気のようです。

ただし、意外と近いところにあるので刺激が少なめかも?

イギリス


Photo by Davis McCardle / Digital Vision

ファッションが熱い!
ビビアンウエストウッド、ドクターマーチン、バーバリーなどの本社はロンドンにあります。

食事は正直日本人の口には合いにくいです。

仕事は、英語能力がそこそこないときついです。

初めから働きながら・・・となると英語がつかえないと日本レストランなどで働かないといけなくなります。

○ワーキングホリデービザの「年齢制限」

ワーキングホリデー制度の目的は、青少年の国際交流・相互理解ですので、ビザ取得には年齢制限があり、ほとんどの協定国が申請時において18歳以上30歳以下に限定しています(申請時に30歳であれば31歳になってからの入国は可能)。

そのため、「30歳ギリギリでワーホリに行こう」と決断する人も多い(通称「ギリホリ」)のも、この制度の特徴にもなっています。

ワーキングホリデービザは、原則としてそれぞれの国で、一生に一度しか利用できない(オーストラリアを除く)制度なのですが、他の協定国に行くことは妨げられていません。
30歳まででしたら、数カ国でのワーホリを経験することも可能です。

○ワーキングホリデーの資金

30~50万円程度の資金では、1年間を過ごすことはできません。

「とにかく現地で働きたい」という思いが強い方もいるかもしれませんが、渡航国を旅行してみたいとか、語学を上達させたい、人脈を広げたいなどといった目的もあるようでしたら、最低でも月あたり10万円ほどは用意するべきでしょう。

※ワーキングホリデーでかかる費用の全て
●必ず発生するもの
航空券1300ドル
保険600~1300ドル
生活費750ドル(家賃+食費の月平均)×12=9000

合計:約11,600ドル

●個人によって金額が異なるもの
学費3,800ドル(語学学校にフルタイム3ヶ月通った場合)
小遣い1,800ドル(外食、買い物、交際費など月150ドル)
旅行1,000~2,000ドル(国内旅行~海外旅行)

合計:0~7,600ドル

●収入など
アルバイト 時給10~11ドルで一日4時間×週5日×3ヶ月、
      または6ヶ月働いた場合

合計:約2,500~5,300ドル(3~6ヶ月働いた場合)

●トータルの費用
出費:11,600~19,200ドル(約97万円~160万円)
収入:2,160~4,320ドルドル(約18万~35万円)

【お薦めご予算】:100~130万円

○ワーキングホリデーでできる仕事

代表的な仕事は、日本食レストランやお土産店、ツアーガイド、カフェなどです。
外資でオフィスワークをしてみたいという希望が多いようですが、ネイティブとの会話がストレスなくできるような方でないと、難しいのが現実です。

そうしたなか、英語の勉強ができて、なおかつ経験が積めるということで、日本語教師のボランティア(インターンと呼ぶ場合もアリ)は、特にオーストラリアで人気です。

○ワーキングホリデー渡航の際の持ち物

【クレジットカード】
ホテル等のチェックイン、電話やネットの契約など様々なシーンで必要になります。現金を持たないための手段としても有効です。ビザかマスターを必ず1枚は持つように。

【留学保険】
留学保険には必ず加入しょう!

【海外旅行傷害保険】
渡航中は「保険証」の代わりとして使えます。普通の海外旅行保険では、滞在先のアパート等への損害は補償されませんので、必ず「ワーホリ使用」の保険に加入しましょう。

【国際免許証】
渡航前に日本で手続きします。IDにもなります。

【銀行口座】
インターネットで取引できる日本の口座を持つと便利です。

【スーツケース】
大き目のスーツケースはトランク代わりに使えます。シェアハウスで貴重品を収納したり、荷物預りサービスを利用する際などに便利です。

○ワーホリの保険について

●なぜ保険に加入する必要があるのか?

【治療費が高額】
治療費補償は当然として、救援者特約と賠償責任特約の有無については確認が必要です。突然入院するような事態に陥った時、入院の手配や入院中の日用品の用意など自分では大変困難です。また自分の要望有無に関わらず家族の方が駆けつける場合が多く、急な渡航や病院近くのホテルなどへの宿泊費などで、1週間の滞在でも1人50万円を超える事が多く多額の費用が掛かります。

【賠償が高額】
海外では日本に比べ自己責任の考えが強く損害賠償を要求される事があります。バスタブのお湯を溢れさせて総額1,200万円の費用負担などの例もありますので十分な注意が必要です。

【意外と重要な日本語での対応】
現地の医療保険などに加入できる国もありますが、いざというときにすべての処理を外国語で行うことになります。日本語でも医学用語・保険用語を理解するのは難しく、外国語で手続するのはかなり困難です。また本人は外国語を話せても家族が現地の外国語を話すことは困難なことが多いです。

○ワーキングホリデーのニュース・最新情報サイト

Sorry, comments are closed for this post.