様々なソーシャルサイトの情報をまとめ配信します。

海外の人が考えた「日本語の名前」の赤ちゃん名付けサイト

外国語由来の名前を付けたい日本人がいるように、様々な理由でどうしても日本語の名前が知りたい海外の人。彼らの研究と努力がすごい。

海外の、どうしても「日本語のお名前」が知りたい人たち

理由や動機はいろいろ。ただ「日本語のお名前」が知りたい。

赤ちゃんの名付けを、「外国の人でも発音しやすい」「国際的なイメージがある」「世界で通用しそう」という視点から考えるお母さんお父さんが増えています

海外(世界)で通用する名前…よく出てくるけどさー、外国で尊敬されるのは、自国の文化を大切にしつつ異文化を尊重する人なんだよね

まぁまぁ、そうは言ってもです

GoogleでさえDQNを開発する世の中。単語かぶりや、日本人にとっては、漢字を同じくする周辺国との解釈の差は面倒の元。

海外に留学経験のある友達のアイちゃんっているんですが、自己紹介のときに I’m ai (私は私)になってしまうので紛らわしかったと言っていました。どんな名前がNGか、発音しにくいか…

盲点でした。発音という側面も確かに気になりますね。


Photo by Chad Baker/Jason Reed/Ryan McVay / Photodisc

2~3音なら、どうせどこかの言語のなんらかの単語とかぶるのは必至

そこで海外の親御さんもいろいろな言語で研究してしまうようです


Photo by George Doyle / Stockbyte

どこの国でも親が子を思う気持ちは一緒ですね。

■ 20000-NAMES.COM: 20,000+(20000以上のお名前.com)

すごい。

赤ちゃんの名前、ペットの名前、ストーリーのキャラクター名のヒントに。世界中から集めた2万以上の名前を国や言語によって分類!意味と詳細な由来も解説します!

なるほど。じゃあ「日本語の名前」コーナーから何個か見てみましょう。

日本語由来の男性の名前その2「AKIHIKO (明彦)」…これは日本語の意味においては、 “明るいプリンス”という意味の名前です

…間違ってはいない…むしろ「彦」を「男児」とせずに、「Prince」にしたあたりに努力の跡が見えるけど…!もっとこう、「明」が人名の場合は、明朗とか明確とかのclearに寄った意味なのでは…

日本語由来の男性の名前その43「JUN (順)」…これは日本語の意味においては、”従順”という意味の名前です


Photo by Phil Ashley / Digital Vision

「従」の字義はどこから持ってきて勝手に付け足したのか…。「順」の字義だけなら「(道義と理に)従う」で、さらに原型の意味なら「水の流れ」、転じて「理(ことわり)」…。

■ Behind the Name(名前の背景)

押さえている言語数もさることながら、シンプルで読みやすいサイトでした。

サイト「名前の背景(Behind the Name)」。ファーストネームの語源と、その背景にある歴史的なストーリーを解説します

素敵そうですね。カバー言語数も多いので、さっそく日本語ネームコーナーを見ていきましょう。

日本語で「YUI」は 「結衣, 優衣, 結」と書く女性の名前。「結」は「結ぶ・縛る」。「優」は「やさしさ・優れた点」。「衣」は、「服・衣料品」という意味です。

!!?


結論として「優衣」は「機能性衣類」です

…ヒートテック的な…?
ちょうどユニクロの漢字表記も「優衣庫」だし、みたいな…?

日本語で「SHIZUKA」は「静夏, 静香」と書く女性の名前。「静」は「しずかな」。「夏」は「サマー」。「香」は「匂い・芳香」という意味です。

なにその沈黙の春的な、ただ並べただけなのに湧き上がるヤバそうな空気感……

■ Baby Names.ch!(ベイビィネームズチャンネル!)

ド直球のサイト来た。赤ちゃんの命名限定の各国語由来での名付けサイト
「About Names」さんが「Baby Names.ch!」にリニューアルされたみたいです。

ベイビィネームチャンネルにようこそ!きっとあなたをトリコにする豊富な機能を備えたWebアプリケーションをお楽しみください!

トップにすでに「日本語」コーナーがあるので、さっそく見てみましょう。

はじめに、日本語の名前の注意点です。日本人の名前はいくつかの特別なルールがあります。ほとんどの場合は漢字を組み合わせる名前ですが、漢字という文字は、単独の場合と組み合わせた場合とで意味が変わってくることがあるのです。

お。

ここまで深い考察に踏み込んでいる英語サイトはほぼありません。これは期待。

「正博」…男性の名前。読み方は「MASAHIRO」。…文字の説明をします。「正」は「ただしい・正義・正義の」。「博」は「博士は・ギャンブル・広い」

おいいいいいいいwwww

せっかく熟語としての意味変化までたどり着いたのに早速頓挫した

「弘子」…女性の名前。読み方は「HIROKO」。…たぶん…「寛大な子供」

観念的な文字が組み込まれると、とたんに解釈が苦しそうになる。かわいい

いかがだったでしょうか?


Photo by Jupiterimages / Stockbyte

海外の御夫婦はこれで納得してるんでしょうか…。
そして自分の名前は、海外の人からこう思われていたんでしょうか…。

アルファベット圏の名前は、父親の名前と母親の名前を合成するもの、聖書・聖人に由来するもの、ギリシャ・ローマ文化の影響のもの、ノルマン系の名前、創作された名前などパターンがある

日本の場合はこどもの名付け方として、漢字の意味を考えたり、画数などの姓名判断を見たり、音の響きに漢字を当てたり、さまざまな方法があります。

意味に寄せて漢字で書くと、マイケルさんは「大天使」。音に全振りすると「迈克楽」。
音と意味との調和を取るって難しい。

日本語名前は氏名を聞いた時にどのような文字で書かれるかや、漢字で書かれた氏名から正しい読み方が特定できない場合もあるが、日本の漢字は読み方が多いためこのようなことが起こりやすい。

アルファベットのような表音文字を使う国の人には「日本語のお名前」はちょっと難解なのかもしれませんね。

Leave a reply